読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花鳥風月・季節とともに暮らす迷走日記

多情多感なメタボ招き猫が季節や日々の出来事、話題やニュースなどの情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

2017年用の年賀はがきが1日、全国の郵便局で売り出される 受け付けは12月15日から。投函は同12月25日まで

季節風物 暦・季節・行事 社会・生活

2017年用の年賀はがきが1日、全国の郵便局などで売り出され、東京・丸の内の東京中央郵便局には午前9時の発売前に多くの人が並んだ。当初の発行枚数は前年より5・5%少ない28億5329万枚で、1983年以来34年ぶりに30億枚を下回った。受け付けは15日からだ。

 丸の内であったイベントにはアイドルグループ嵐の大野智さんと相葉雅紀さんが登場。大野さんは「年賀状は子供の頃のわくわくした気持ちをよみがえらせてくれる」と話した。

 お年玉付き年賀はがきの1等は現金10万円か、旅行や家電などの商品。商品の選択肢は前年の6種類から1万種類以上に増やした。当選確率は100万分の1で昨年と同じという。

 同世代はメールなどでの連絡が多いが「目上の人には手書きの年賀状が喜ばれる」様です。

受け付けは12月15日から。日本郵便は同12月25日 までに投函とうかんするよう呼びかけている。

★私の年賀状作成・送付方法 無料編
①ウェブの無料年賀状素材サイトから年賀はがきにプリントアウトして出す。(郵便局の無料テンプレートもあり)
1:出来上がった無料の年賀状テンプレートの中から、気にいったデザインをダウンロードし、プリンターで裏面印刷する。
余白にハンコを押したり、シールを貼れば、完全オリジナルになります。
2:無料のはがき印刷ソフトで、住所と宛名を打ち込み、表面をプリンターで印刷。

②郵便局備え付け無料の版画・スタンプを利用する。(挨拶分、干支図柄等地域によって5-10種類用意してある。椅子と机も用意してあります。 )

③手製の芋判・版画作成する。(個人的ライブラリー。ごく親しい人)

④メール・ラインで送る。

その他
スマホのアプリ

 

★有料サイト
●年賀状印刷のおたより本舗
●ウェブポ
●年賀状.com

2017年(平成29年)の干支は 酉年(とりどし)です。