読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花鳥風月・季節とともに暮らす迷走日記

多情多感なメタボ招き猫が季節や日々の出来事、話題やニュースなどの情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

11月23日は新嘗祭&酉の市 「稲の収穫を祝い,翌年の豊穣を祈願」&熊手で幸運や金銀をかき集めよう!

季節祭・催時 季節風物 暦・季節・行事 社会・生活

11月23日は新嘗祭&酉の市


新嘗祭(にいなめさい)は
しんじょうさい,にいなめのまつりなどともいう。稲の収穫を祝い,翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀で7世紀頃に宮中儀式として確立されました。

天皇が新穀を天神,地祇(ちぎ)に供え,その恩恵を謝し,また,みずからも食する祭儀。宮中のほか,伊勢神宮出雲大社でも行う。

古くは陰暦11月の中の卯(う)の日、明治6年(1873)以降は11月23日と定めて祭日としたが、昭和23年(1948)からは「勤労感謝の日」となり、国民の祝日となっている。
 
★『新嘗祭(にいなめさい)』 : 
1872(明治5)年までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていました。
1873(明治6)~1947(昭和22)年までは祭日として休日でした。
1873(明治6)から太陽暦が導入されましたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になる事もあって都合が悪いので、新暦11月の2回目の「卯の日」に行う事とし、以降11月23日に固定して行われる様になりました。


戦後は皇室典範からこの儀式は除外されましたが、現在は天皇の私的祭祀として行われる他、「伊勢神宮」など各地の神社での新穀感謝の祭事が行われ、伊勢神宮には天皇の勅使が遣わされます。

新嘗祭(にいなめさい)は〈にいなめまつり〉または音読して〈しんじょうさい〉ともいう。宮中の儀式の一つで,11月23日天皇が新穀を天神地祇に供え,天皇みずから食す。旧祝祭日の一つであったが,第2次大戦後〈勤労感謝の日〉として国民の祝日の一つとなった。律令制では,11月〈上卯相嘗祭,下卯大嘗祭〉(《令義解》)と規定し,後者は新嘗に相当するが区別ははっきりしておらず,後になって,一年一度のを〈新嘗〉,天皇一代一度のを〈大嘗〉と区別するようになった。

●『勤労感謝の日』 : 
1948(昭和23)年公布・施行の「祝日法」で制定。
「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」を趣旨とした国民の祝日です。
戦前の「新嘗祭(にいなめさい)」の日をそのまま「勤労感謝の日」に改めました。


②酉の市について


福をかっこめ! 浅草・鷲神社で「酉の市」


★酉の市(とりのいち)は、例年11月の酉の日に行われる祭。酉の祭(とりのまち)、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)ともいう。

11月の酉の日に行われる関東各地の大鳥(鷲)神社の祭。一の酉,二の酉,三の酉といい,三の酉まである年は火事が多いなどという。祭神はもと武運を守る神であったが,今は開運の神として信仰され,酉の市には縁起物の熊手,ヤツガシラ,黄金餅(もち)などを売る。

露店で縁起物の熊手などが売り出されることで有名。鷲神社は武運長久の神として武士にも信じられたが,庶民の間では商売繁昌・開運の神として信仰されてきた。現在関東を中心に各所の神社でこの市が開かれているが,もとは東京都足立区花畑町(旧,葛西花又村)の鷲神社の祭りに農具を売ったところ,水商売の人々の間に金銀をかき集める縁起に関係づけて熊手が人気を博し,ここに酉の市と熊手との結びつきが始まったかという。

鷲神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀(まつ)り、開運、商売繁盛の神として信仰され、本社は大阪府堺(さかい)市の大鳥神社とされているが、関東の鷲神社との関係は明らかでない。関東では埼玉県久喜(くき)市の鷲宮(わしのみや)神社が本社で、古くからこの社(やしろ)を中心に酉の日精進(しょうじん)の信仰があり、酉の市の始まりのようである。江戸時代には一時、現在の東京都足立(あだち)区花畑町の鷲神社が栄えて本酉(ほんとり)といわれ、参詣(さんけい)人がニワトリを献じて開運を祈り、終わると浅草観音(かんのん)堂に放ったという。

現在はいくつもの社寺で大鳥神社を勧請(かんじょう)し酉の市の祭りをしているが、江戸時代後期からもっとも著名なのは浅草(東京都台東(たいとう)区千束三丁目)の鷲神社の酉の市である。初酉を一の酉、次を二の酉、三番目の酉のある年は三の酉という。三の酉のある年は火事に気をつけろという。

当日は社から数百メートルの間、縁起物を売る露店が立ち並び、おかめの面や小判などをつけた大小さまざまの熊手(くまで)や、頭(かしら)の芋(いも)(八つ頭など)や黄金餅(こがねもち)などの土産(みやげ)物を、景気のよい売り声で売る。1000円のものなら1万両などといい、買い手は値切って買うものだともいう。


《季 冬》「若夫婦出してやりけり酉の市/虚子」

●酉の市を開催することで知られる著名な寺社。
大鳥大社大阪府堺市西区
大鷲神社(東京都足立区) ※江戸酉の市の発祥の神社
鷲神社(東京都台東区) ※日本最大の酉の市
酉の寺・長國寺(東京都台東区)※浅草酉の市の発祥の寺
花園神社(東京都新宿区) ※関東三大酉の市のひとつ
大國魂神社東京都府中市) ※関東三大酉の市のひとつ


2016年(平成28年)は11月11日(金)・23日(水・祝)の開催です。二の酉までの開催です。

 祭神や末社大鳥神社に関するものがある場所では「酉の市」や「大酉祭」という名称を使いますが、それ以外の神社やお寺では「熊手市」など別の名称を使うのが一般的なようです。

11月の酉の市で運をかき集めると言われている熊手を買い忘れた人は12月にも開催されますのでご利用ください。

●東京都内12月の酉の市
西新井大師總持寺(足立区) 納めの大師 12月21日
善長寺 西台大鷲神社板橋区) 熊手市 2016年は12月17日
王子神社(北区) 熊手市 12月6日
成田山不動大教会(板橋区) 熊手市 12月8日
ときわ台天祖神社板橋区) 熊手市 12月2日