花鳥風月・季節とともに暮らす喜怒哀楽365日

多情多感なメタボ招き猫が季節や日々の出来事、話題やニュースなどの情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

緊急事態宣言全面解除後、新型コロナウイルス拡散防止時の接客事情は?

今日○○商店に行ってみた。

 

店内に入るや否や店内放送が聞こえてきた。内容は次のようなものだった。

 

新型コロナウイルス拡散防止の為、店員に質問をしないでください。携帯で何か調べたり、電話したりしないで、速やかに買い物を済ませてください」

 

「えーっ」こんなのあり?

 

「早く買い物をして早く出ていけ」と言っているようである。

 

「ショッピングって楽しむものじゃないの?」

 

言い方は丁寧で穏やかだった。

 

でもね~、自分が求めるものがどこにあるのかわからない。

 

店員は全員マスクしている。

 

仕方がないからマスクの店員に聞いてみた。

 

店員は商品の店出しをしていたが、途中でやめて、ニッコリ笑って案内してくれた。

 

普段の時よりも親切だ。目的のものは無事変えた。

 

トイレットペーパーは12ロールダブル398円と普通の値段で売っているが、さすがにマスクは品切れだった。

 

レジのところに来たら足の形をしたストップマークが間隔を置いて、順序良く並んでいた。お客は間隔を置いてずいぶん並んでいる。

 

レジは透明のカーテンで仕切られていた。ようやく自分の番になった。

 

レジ係は私の買い物をスキャンして「○○となります」と言った。

 

会計を済ませると「ありがとうございます。」と言った。

 

してみると店内アナウンスがひどすぎる。

 

新型コロナウイルス拡散防止の為、店員に質問をしないでください。携帯で何か調べたり、電話したりしないで、速やかに買い物を済ませ居ください」

 

 

店側は客を相手にしているのではなく、

 

新型コロナウイルスの第2波と戦っているのだ。」と思い直した。

 

ライフスタイルが変わったのだ。もはや昔には戻れないのかもしれない。

緊急事態宣言、5月25日全面解除!

新型コロナウイルス国内感染の状況5月26日 0:00時点

感染者数 16445 前日比+41

退院者数 13643 前日比+197

死亡者数  846  前日比+16

 

 

 

スポンサーリンク  

5都道県の緊急事態宣言を25日に全面解除する方向? 必ず起こる第2波をどう対処するかが課題!

政府は21日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、流行が落ち着いたと判断した京都、大阪、兵庫の関西3府県で緊急事態宣言を解除した。埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道では宣言を継続。ただ、安倍晋三首相は25日にも感染状況などを改めて評価し、可能なら31日の期限を待たず宣言を全面解除する方針を明らかにした。

首相は記者団に対し、残る5都道県について「今の状況が継続されれば(週明けの)解除も可能となるのではないか」と表明した。関西3府県では「感染拡大を防止しながら、社会経済活動を再開する新たな日常が始まる」と指摘。「大阪は商人の町。コロナ時代の新たな商売のモデルを示すことを期待する」と強調した。
 21日の判断に際し、政府は先に公表した「直近1週間の10万人当たりの新規感染者が0.5人以下」との目安を重視。関西3府県に加え、埼玉と千葉もこの基準を満たしていたが、首都圏2県は東京、神奈川と一体的に判断する必要があると判断した。前回、集団感染発生を受けて「条件付き解除」だった愛媛に関しては「感染拡大の兆候は見られない」として解除を維持した。


政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令を継続している北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県の緊急事態宣言を25日に全面解除する方向で最終調整に入った。専門家の意見を開き、新規感染者数の推移や医療提供体制を分析した上で安倍晋三首相が総合的に判断する。

 政府は宣言解除の目安を「直近1週間の新規感染者数の累計が人口10万人当たり0.5人程度以下」としている。解除のカギを握る東京都の23日の新規感染者数は宣言以降最少の2人で基準を下回った。ただ、5都道県で24日までに大規模な集団感染や感染経路不明な事例が多数確認されれば、25日の全面解除を見送る可能性もある。

西村氏は「第2波は必ず起こる」と指摘。宣言の再発令について「大きな流行にならないよう厳しい目で判断していく」と述べ、最初の発令時より感染拡大が限定的でも踏み切る考えを示した。

 

新型コロナウイルス国内感染の状況

5月23日 0:00時点

感染者数16362

前日比+23

退院者数13227

前日比+239

死亡者数808

前日比+12

 

マスク着用の重要性はウイルスを他人にうつさないことにあり! 日本人には常識だった! くしゃみは7~8mまで飛ぶことがある?

新型コロナウイルスへの対策を巡り、世界保健機関(WHO)は、せきなどの症状のない人に対し、「いかなる種類のマスクの利用も推奨しない」などとする手引をまとめた。医療現場での調達に支障をきたす恐れがあるほか、マスクをしている安心感から手洗いなど他の有効な予防手段の軽視につながりかねないと指摘している。

 手引は2月27日付。せきなどの呼吸器系の症状がある人や、自宅で感染者を看護している人たちについては、マスクを利用するべきだとした。
 WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、「マスクの効果には限度がある。マスクをしないことで感染のリスクが増すわけではない」と説明し、「最も大切なのは手洗いをすることと、顔から手を遠ざけることだ」と強調している。


マスクを装着すべきケース
健康であれば、感染の疑いのある人の世話をする場合のみ必要
咳やくしゃみをするなら必要
マスクが有効なのは、アルコールベースの手指消毒剤または石けんと水で頻繁に手洗いすることと組み合わせた場合のみ
マスクをするなら、その正しい使い方と廃棄方法を知る必要がある。

マスクの装着についての注意事項
マスク装着前にアルコールベースの手指消毒剤または石けんと水で手指を洗う
口と鼻を完全に覆い、顔とマスクの間に隙間がないことを確認する
マスク装着中はマスクに手で触らない。触るなら、手指をアルコールベースの手指消毒剤または石けんと水で洗う
マスクが湿ったらすぐに新しいものに変え、使い捨てマスクを再利用しない
マスクを外すときはマスクの前面を触らず、後ろから外す。外したマスクはすぐに密閉できるゴミ箱に廃棄し、手指を洗う

また、COVID-19に関するQ&Aでも、咳などの呼吸器症状のない人はマスクの装着の必要はないとし、COVID-19から身を守る最も効果的な方法は、頻繁に手指を洗い、咳をするときは曲げた肘かティッシュで口を覆い、咳やくしゃみをしている人から最低でも1メートル距離を置くことだとしている。

感染していない人は感染者に近寄らない(2メートル以内に近づかない)などの行動の方が、不織布製マスクの着用よりは重要だが、マスク着用により環境中のウイルスを含んだ飛沫がある程度は捕捉されるとも言っています。

 

飛沫感染」とは、せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫(直径5マイクロメートル=1千分の5ミリメートル=以上の水分)に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することを言います。


 飛沫は1メートルくらい飛んでから落下しますので通常は1~2メートル以内の至近距離で飛沫を浴びることで感染します。風邪のウイルスやインフルエンザウイルスがその代表です。


ところでマスクは防御効果ないと言っているのになんで皆マスク欲しがるの?

 ニュースでやってたけど今やマスクの値段は25倍にも跳ね上がり、空港で各国が奪い合いをしている。

 

マスクを運ぶのに兵士が銃を持って警戒体制である。今までウイルスには効果がないとか、どうして日本人はマスクをするの?なんて言ってた人はどこのドイツだ♪~

 

せき・くしゃみの場合
 「新型コロナウイルスは、人が密集した環境で注意を怠ってしまうと容易に飛沫・接触感染が起きるのが特徴」

 WHOの最新の見解では咳やくしゃみが今まで「1-2m」までしか飛ばないとしていたのを「7-8m」までも飛ぶことがあると述べている。

マスクをすると約1m範囲にしか飛散しないのである。

日本人は子供のころから「風邪はもらわないように&人にうつさないようにするためにマスクをするんですよ。」

 

いわばマスクはエチケットなのだ!

 

WHOは今頃、マスクのエチケット(人にうつさない)としての有用性に気が付いたというわけだ! もちろんマスクが100点満点ではないことは百も承知である。

わかったうえでしないよりはましだと日本人は考える。

できるだけ他人に迷惑をかけないのが日本人の美徳なのである。

 

日本ではくしゃみの速さは「新幹線並み」とよくいわれるし、アメリカの巷では、「時速100マイル(約160キロ)で30フィート(約9メートル)先まで」しぶきが飛ぶといわれていた。

 

最新の実験結果ではくしゃみは時速約300km…7-8Mまでも飛ぶことが分かったというのだ。


マスク着用の重要性(インフルエンザをうつさないために)


マスク着用の重要性(インフルエンザをうつさないために)

 

ハンカチマスクの作り方 布マスク How to make a mask 30秒で簡単マスク


ハンカチマスクの作り方 布マスク How to make a mask 30秒で簡単マスク

 

 ウイルスそのものは直径0・1マイクロメートルくらいで、普通のマスクの網目よりずっと小さいため、ウイルス自体をマスクで防ぐことはできません。しかし、ウイルスを含んだ水分の「飛沫」はマスクに引っかかりますので、感染した本人が飛沫を出さないためにマスクをすることは、周囲の人たちにとって十分効果的です。

 

☆彡不織布製マスクの着用はウイルス・インフルエンザ感染予防に効果があります。


●感染者のマスク着用による飛沫感染防止 (内から外へ)
●非感染者のマスク着用による飛沫感染防止 (外から内へ)
接触感染防止
●喉の保湿

そんなことは日本人なら誰でも知っていることなのだ。

それをWHOが今頃気づいたということに驚かされる。

危機管理の欠如としか言いようがない。

WHOというと今回の新型コロナウイルス事件の最高意思決定者なのである。

日本人の小学生でも常識・エチケットとして知っていることを今日知ったということだ。

これでは世界の人を新型コロナウイルスから守ったり死亡者を減らしたりはできるわけがない。

ならばWHO何のためにあるの?

 

「自分の身は自分でしか守れない」ということなのだ。

 

危機管理とは「最悪のことを想定して対策をとる」ことである。

スポンサーリンク  

9月9日は重陽の節句、長寿を祝い菊酒を 頑張ろう100歳まで♪~

9月9日は重陽節句
●菊の節句重陽節句
奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なることから9月9日「重陽」と呼ばれる。
陽の極が2つ重なることからたいへんめでたい日とされ、邪気を払い長寿を願って、菊の花をかざったり酒を酌み交わして祝ったりしていた。

重陽節句
重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。
陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。
奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである。
邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた。また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。

重陽節句


9月9日のお祭り ~重陽の節句豆知識~

【菊の被綿】きくのきせわた
 陰暦九月八日の夜、菊の花にかぶせてその露と香りとをうつしとった綿。翌日の重陽ちようようの節句にその綿で身をなでると、長寿を保つといわれた。菊綿。着せ綿。菊の綿。
重陽節句(九月九日)の行事で、前夜菊の花に花色に染めた真綿をおおって、その露や香を移しとり翌朝その綿て顔や身体を払うと不老長寿が保たれるというもので、平安時代に盛んに行われていました。
ことにこの時代の女性には菊の持つ不老・若返りの効をも信じられていた様で、紫式部道長夫人の源倫子より菊の被綿を贈られて大感激して詠んだ歌が有名です。


「菊の露わかゆばかりに袖ふれて花のあるじに千代はゆづらむ」


因みに平安時代の宮中儀礼で観菊の宴(重陽の宴)が催され、杯に菊花を酌み交わし長寿を祝い詩歌を作ったと云われ、江戸時代武家でもこの菊の花を避けにひたして飲み祝った云われています。


「草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒」 芭蕉


五節句は人日(1月7日)上巳(3月3日)端午(5月5日)七夕(7月7日)重陽(9月9日)

スポンサーリンク  

二月四日立春、道明寺を味わう。「春よ来い♪~」

2019年2月4日は立春


 二十四節気の第一節気で、旧暦では一年の始まり(一月一日)とされていた日です。

立春に、縁起を担いで必ず食べる、という物は無いようです。

 しかし日本全国で比較的多く行われているのが「立春朝搾り」というものです。

これは、立春の日に作った搾り立ての日本酒をその日に販売するというもので、最近始まったもののようです。

搾り立てといえば、温かい部屋でキリン一番搾り生ビールはさっぱりとして良い感じ。

 朝に作りその日に食べる上等な生菓子のことを「朝生菓子」といいます。
春をあらわすお菓子として「さくら餅」や「うぐいす餅」はたいへん人気があります。

桜餅(さくらもち)は、桜の葉で餅菓子を包んだもの。1個食べてみた。

まだ見ぬ春が口の中でさりげなく感じられる。ピンク色と葉の緑が絶妙なバランスで目の保養になっている。

桜餅は関東では長命寺餅と呼ばれ関西では道明寺と呼ばれる。ところが宮城県では関東の影響を受けているのが通例だがなぜかしら道明寺と呼ばれている。我が家では「道明寺」といっている。

和菓子は世界に誇れるお菓子だと思う。季節の味や香りが見事に表現されていて、味わい深いものがある。

五感を使って賞味する芸術品ともいえる。日本人に生まれてよかったと感じる瞬間である。

二月四日は春の嵐が吹き荒れ、心穏やかならぬ一日であったが、一夜明けた今日は流石に温かい春を思わせる日差しが部屋に差し込んできている。

昨日は10℃、今日五日は7℃と今までよりずいぶんと温かくなった。

これから三寒四温を繰り返し、本格的な春になるのだろう。

 

スポンサーリンク  

 

8月11日はガンバレの日、「前畑秀子」が日本人女子初の金メダルを獲得した日。『前畑がんばれ!前畑がんばれ!前畑勝った!』

8月11日はガンバレの日、「前畑秀子」が日本人女子初の金メダルを獲得した日。

 

前畑は前回五輪でも「銀メダル」を取っていたんです。素晴らしいことなのです。

 

でもね~

 

それで満足することなく、最高の「金」を目指し見事に実現したのですから並大抵の練習、そして精神力があったからこその成果でした。

 

前畑秀子が優勝したことは単に競技で世界一になったということだけではなく「日本国民に希望と勇気」と与えてくれました。

 

前畑さんありがとう!


●『ガンバレの日』 :
1936(昭和11)年のこの日、ベルリンオリンピック大会の「女子200㍍平泳ぎ」決勝で「前畑秀子」が優勝し、日本人女子初の金メダルを獲得する快挙を成し遂げました。

そのラジオ中継で日本放送協会の「河西三省」アナウンサーが『前畑がんばれ前畑がんばれ!』と20回以上連呼した実況中継が日本中を大いに沸かせた記念日です。


「前畑頑張れ!」 第11回オリムピック大會 女子200米平泳決勝


前畑秀子 まえはたひでこ(1914―1995 大正3‐平成7)
オリンピックで優勝した水泳選手。和歌山県橋本町生まれ。椙山女学園

 

1932年(昭和7年)に開催された第10回大会ロサンゼルスオリンピックの200m平泳ぎに出場し、銀メダルを獲得した(金メダルはオーストラリアのクレア・デニスで、前畑とは0.1秒差だった)。

 

大会後は家庭の事情もあり、引退も考えたが、祝賀会に駆けつけた東京市長永田秀次郎が前畑に「なぜ君は金メダルを取らなかったのか。0.1秒差ではないか。無念でたまらない」と涙を流さんばかりに説得するなど(当時、永田は東京市長としてオリンピック誘致に奔走していた)、周囲の大きな期待に押され現役続行を決意する。

 

1日に2万メートル泳ぎきる猛練習を重ね、1933年(昭和8年)9月30日には200m平泳ぎの世界新記録を樹立する。

 

3年後の1936年(昭和11年)、ナチス体制下のドイツで開かれたベルリンオリンピックの200m平泳ぎに出場し、地元ドイツのマルタ・ゲネンゲルとデッドヒートを繰り広げて、1秒差で見事勝利を収める。

 

日本人女性として五輪史上初めてとなる金メダルを獲得した。この試合をラジオ中継で実況したNHK河西三省アナウンサーは、中継開始予定時刻の午前0時を過ぎたため「スイッチを切らないでください」という言葉から始めた。

 

河西アナは、興奮のあまり途中から「前畑ガンバレ!前畑ガンバレ!」と20回以上も絶叫し、真夜中にラジオ中継を聴いていた当時の日本人を熱狂させた。その放送は現在でも語り草となっており、レコード化もされている。

 

また、ヨーロッパを視察中だった鉄道省技師の島秀雄が、この競技を実際に観戦していた。前畑はその後も世界記録を何度も樹立し、200m平泳ぎなどで活躍した(参考:日本の夏季オリンピック金メダル)。

 

1937年(昭和12年)、前畑は名古屋医科大学(後の名古屋帝国大学、現在の名古屋大学医学部)助手の兵藤正彦とお見合い結婚をして兵藤姓となる。

 

引退後は椙山女学園職員として後進の育成に努め、ママさん水泳教室を開くなど一般への普及にも貢献した。


1964年(昭和39年)11月の秋の褒章で紫綬褒章を受章。

 

1977年(昭和52年)ベルリンでゲネンゲルと再会、二人は一緒に50mを泳いだ。

スポンサーリンク  

 

6月30日はアインシュタイン記念日「私は天才ではない。 ただ人よりも長い時間、 問題と向き合うように しているだけである。」「私は孤独な旅人です。」

アインシュタイン記念日』 :
1905(明治38)年のこの日、当時、スイス連邦特許局の無名の技師だった「アインシュタイン」が「相対性理論」の最初の論文となる「運動物体の電気力学について」をドイツの物理雑誌「アナーレン・デル・フィジーク」に発表した記念日です。

アインシュタイン[生]1879.3.14. ドイツ,ウルム[没]1955.4.18. アメリカ合衆国ニュージャージープリンストン
アインシュタインはドイツ出身の理論物理学者。チューリヒスイス連邦工科大学に学ぶ。
ベルンの特許局技師を経て,プラハ大学,スイス連邦工科大学ベルリン大学で教授を歴任したが,1933年ナチス政権のドイツを逃れてアメリカ合衆国に渡り,プリンストン高等研究所で研究生活を送った。
1905年にチューリヒ大学に学位論文を提出する一方,ブラウン運動の理論的解明,光量子仮説(→光電効果)、特殊相対性理論,質量とエネルギーの等価性の、それぞれに関する四つの論文を次々と発表。
いずれも物理学史上画期的なものであった。
1916年には一般相対性理論を発表して,太陽のそばを通る光線が屈曲することを予測し、これは 1919年の皆既日食の際,アーサー・スタンレー・エディントンの観測により確かめられた。さらに万有引力と電磁気力を包含する統一場理論の構築に努めた。
量子統計力学にも多くの業績を上げたが、量子力学の発展につれて主流を占めたニールス・ボーアらのコペンハーゲン解釈には最後まで反対し続けた(→EPRパラドックス)。
熱烈な平和主義者であり、ユダヤ人の同胞のためにも献身的な努力を惜しまなかった。第2次世界大戦に際しては、ナチスの脅威に対抗するためにアメリカのフランクリン・D.ルーズベルト大統領に原子爆弾の開発を勧告したが(→マンハッタン計画、戦後は核戦争の危険性を除去するよう熱心に訴えた。
1921年ノーベル物理学賞受賞。

スポンサーリンク  

 

☆彡アインシュタインの名言

人生における成功をA、
仕事をX、遊びをY、
口を閉じることをZすると、
A=X+Y+Zが成立する。

 

学べば学ぶほど、
自分がどれだけ無知であるかを
思い知らされる。
自分の無知に気付けば気付くほど、
よりいっそう学びたくなる。

 

私は天才ではない。
ただ人よりも長い時間、
問題と向き合うように
しているだけである。

 

過去から学び、
今日のために生き、
未来に対して希望を持つ。
大切なことは、
何も疑問を持たない状態に、
陥らないようにすることである。

 

人生には
たった二つの生き方があるだけだ。
一つは奇跡などないかのような生き方、
もうひとつは、まるですべてが、
奇跡であるかのような生き方だ。

 

われわれが進もうとしている道が、
正しいかどうかを、
神は前もって教えてはくれない。

 

知性は、方法や道具に対しては、
鋭い鑑識眼を持っていますが、
目的や価値については盲目です。

 

学校で学んだことを、
一切忘れてしまった時に
なお残っているもの、
それこそ教育だ。

 

無限なものは二つあります。
宇宙と人間の愚かさ。
前者については断言できませんが。

 

常識とは十八歳までに身につけた、
偏見のコレクションのことをいう。

 

手段は完璧で、
目的は混乱している。
というのが、
私の見た現代の特長だ。

 

私は孤独な旅人です。

スポンサーリンク