読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花鳥風月・季節とともに暮らす迷走日記

多情多感なメタボ招き猫が季節や日々の出来事、話題やニュースなどの情報や雑感をお伝えしています。

スポンサーリンク

「神ってる」が『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』に決定!

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月1日に都内で発表され、年間大賞には、25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた広島東洋カープ緒方孝市監督が、交流戦での鈴木誠也選手の活躍を評した「神ってる」が選ばれた。昨年の「トリプルスリー」に続き、プロ野球に絡む言葉に決まった。


 各分野からバランス良く言葉が生まれ、“豊作”と言われた今年の流行語候補だったが、唯一の年間大賞を獲得したのは、「神がかっている」さまを表現した省略語だった。

プロ野球・広島カープ緒方孝市監督が6月18日、2試合連続サヨナラホームランを放った鈴木誠也選手の神がかった活躍を「神ってる」と表現した。

 それ以来、この言葉は球団全体の好調ぶりを象徴するようになり、チームは1991年以来25年ぶりのリーグ優勝を達成した。広島の勢いとともに「神ってる」も使いやすさから世間へ広く浸透。チームは惜しくも日本シリーズで破れ日本一を逃したが、「神ってる」が流行語の頂点を獲得する運びとなった。

 


そのほか、トップ10にはいろいろご不満もおありでしょうが、世界的流行となったピコ太郎さんのユーチューブ動画「PPAP」とともに、タレントや国会議員らの醜聞を称した「ゲス不倫」、待機児童に不満を持つ匿名の母親のネット上の書き込み「保育園落ちた日本死ね」「聖地巡礼」「トランプ現象」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」などが選出された。

 

 ネット時代を象徴する言葉が多く並び、選考委員は「不確実な時代を映す過激な言葉が多かった。ネット社会の増幅装置が言葉をとがったものにしている」と評した。

 
今年流行した言葉を決める「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞に「神ってる」が選ばれ、広島カープ鈴木誠也選手が1日、東京都内で行われた表彰式に出席した。

「神ってる」で受賞した鈴木選手は「信じられないの一言。試合に出たい一心がこういう結果になって、数多くのファンに名前を覚えてもらったことをうれしく思います」と話した。

鈴木選手は「僕自身が言った言葉ではないので、どう喜んでいいか分からない」と戸惑いを見せつつも、大賞を「うれしく思っています」と笑顔。「広島東洋カープが優勝して、いい年にはなったと思っているんで、そういう年に『神ってる』という言葉が受賞したこと、僕は一生忘れないと思います」と語った。

 「神ってる」は広島カープ緒方孝市監督が、鈴木誠也選手の活躍を表現した言葉として流行。鈴木選手は、「(緒方監督に)褒められたことがなかったので、初めて『神ってる』(と言われ)……ほめ言葉だと思ったのでうれしかったです」と心境を告白。「苦しかったシーズンではありますけど、『神ってる』をきっかけに飛躍できましたし。でも、シーズン中に結果を残すたびに神ってる神ってる、と言われるのは悔しい部分もあったので、来シーズンは『神ってる』と言われないように実力で結果で見せていきたいなと思います」と意欲的に語った。

 築地市場の移転問題を象徴する「盛り土(ど)」は、受賞者辞退。対象者は明らかにされていない。


また、『選考委員特別賞』として「復興城主」が受賞した。

 2014年は「ダメよ~ダメダメ」、13年は「じぇじぇじぇ!」「倍返し」「今でしょ!」、12年は「ワイルドだろぉ」など、数年前までは芸能ネタが大賞を受賞していたが、昨年に続き今年も大賞を逃した。

 同賞は1年の間に軽妙に世相を表現している“言葉”、広く大衆の目や口、耳をにぎわせた“言葉”の中から選出。11月17日に大賞候補30語が発表されていた。


新語・流行語大賞、年間大賞は「神ってる」 「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」


2016 ユーキャン新語・流行語大賞 年間大賞 youtube


【2016新語・流行語】
「大賞受賞語」:受賞者
◆「神ってる」:緒方孝市監督、鈴木誠也選手(広島東洋カープ

「トップテン受賞語」:受賞者
■「ゲス不倫」:週刊文春編集部
■「聖地巡礼」:冨田英揮氏(ディップ代表取締役社長 兼 CEO)
■「トランプ現象」:なし
■「PPAP」:ピコ太郎(シンガーソングライター)
■「保育園落ちた日本死ね」:山内志桜里氏(衆議院議員
■「(僕の)アモーレ」:長友佑都選手(伊・インテル)、平愛梨(女優)
■「ポケモンGO」:株式会社ナイアンティック、株式会社ポケモン
■「マイナス金利」:日本銀行
■「盛り土」:受賞者辞退

「選考委員特別賞」:受賞者
◇「復興城主」:熊本市

 

【過去の新語・流行語大賞
2015年:「トリプルスリー」「爆買」
2014年:「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権
2013年:「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」
2012年:「ワイルドだろぉ」
2011年:「なでしこジャパン
2010年:「ゲゲゲの」

 

この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。

1984年に創始。毎年12月上旬に発表。『現代用語の基礎知識』読者アンケートを参考に、選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

選考委員会は、姜尚中東京大学名誉教授)、俵万智歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)で構成される。

※授賞が「トップテン=大賞」の方式になったのは第11回から。それ以前は、【新語部門】【流行語部門】【表現部門】等を設け、それぞれに授賞語を選定した。


2016年の候補・ノミネート語30語は以下の通り!
アスリートファースト
新しい判断
歩きスマホ
EU離脱
AI
おそ松さん
神ってる
「君の名は」。
くまモン頑張れ絵
ゲス不倫
斎藤さんだぞ
ジカ熱
シン・ゴジラ
SMAP解散
聖地巡礼
センテンススプリング
タカマツペア
都民ファースト
トランプ現象
パナマ文書
びっくりぽん
文春砲
PPAP
保育園落ちた日本死ね
(僕の)アモーレ
ポケモンGO
マイナス金利
民泊
盛り土
レガシー

緒方孝市監督
緒方 孝市(おがた こういち、1968年12月25日 - )は、元プロ野球選手(外野手)、監督である。2015年から広島東洋カープ監督。

出身 佐賀県鳥栖市
経歴 佐賀県鳥栖高等学校
 選手歴  広島東洋カープ(1987~2009)


引退後
2010年は広島の野手総合コーチとして一塁コーチ、2011年から2012年までは守備走塁コーチとして三塁コーチ、2013年は一軍打撃コーチを務め、2014年は野手総合コーチ(ヘッド格)を担当。4月22日の対ヤクルト戦で監督の野村謙二郎が判定を巡って5分以上の抗議で遅延行為で退場になった際には、監督代行として指揮を執った。2014年10月15日に野村の後任として広島の監督に就任することが発表された。
監督1年目の2015年は4位に終わった。投打守のチームWAR合計が1位でありながらBクラスとなるのは史上初である。このシーズンを振り返って、翌年緒方は「去年の俺にはばかだと言ってやる」と述べている。2年目の2016年、チームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた。

●タイトル
盗塁王:3回 (1995年 - 1997年)

●表彰
ゴールデングラブ賞:5回 (外野手部門:1995年 - 1999年)
月間MVP:1回 (野手部門:1995年9月) ※セ・リーグ歴代3位の月間21盗塁
JA全農Go・Go賞:2回 (強肩賞:1996年9月 好走塁賞:1998年4月)
スピードアップ賞:1回 (2003年)
最優秀監督賞:1回 (セ・リーグ連盟特別表彰:2016年)

●記録
初記録
初出場・初先発出場:1988年9月17日、対阪神タイガース23回戦(阪神甲子園球場)、7番・二塁手として出場
初安打・初本塁打・初打点:同上、4回表に野田浩司から左越ソロ
初盗塁:1989年9月16日、対中日ドラゴンズ21回戦(ナゴヤ球場)、8回表に二盗(投手:郭源治、捕手:山崎武司

緒方孝市の妻は「かな子」夫人

緒方 かな子(おがた かなこ、1973年3月4日 - )は、日本のタレント、元グラビアアイドルである。本名:緒方 可奈子(読み同じ、旧姓・矢川)。
夫は広島東洋カープ監督の緒方孝市

別名義 中條 かな子
生年月日1973年3月4日
現年齢43歳
出身地 広島県広島市中区

かつてアイドルとして活動していました。
1991年(平成3年)に中條かな子として芸能界デビュー。桜っ子クラブさくら組の創立メンバーでもあった。当時はアーティストハウス・ピラミッドに所属し、グラビアを中心にアイドルとして活躍。学園祭の女王の異名をとった。その後も女優、歌手、パーソナリティーとして幅広く活躍したが、1996年(平成8年)に広島東洋カープ外野手の緒方孝市と結婚し、翌春限りでひとまず芸能界を引退。その後、広島を中心にタレント活動を再開。家庭生活と両立させながら現在も活動中。

★鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、広島東洋カープに所属する東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。

出身地東京都荒川区
生年月日1994年8月18日(22歳)
身長体重181 cm 87 kg

投球・打席 右投右打
ポジション 外野手、三塁手
プロ入り 2012年 ドラフト2巡目
初出場2013年9月14日
年俸1,700万円(2016年)
経歴
二松學舍大学附属高等学校
広島東洋カープ (2013 -

●選手としての特徴
50メートル走で最速5秒8を記録したほどの俊足や、投手経験を生かした強肩が武器。打撃面では、右手でバットを押し込む力が強いため、右打席から逆方向に長打を放つことができる。

広島への入団当初は、球団の育成方針の下で、内野手として経験を積んでいた。2015年からは、「それまで本格的に教わったことがなかった」という外野の守備に取り組んでいる。また、2016年の序盤に打撃フォームを根底から見直したところ、「トスバッティングの延長」でトップの位置を深く決めることだけを重視。打撃開眼につなげた。

広島入団後の2016年にオリックスとの交流戦で2試合連続サヨナラ本塁打を放った直後には、一軍監督の緒方孝市が、「神がかっていますね。今時の言葉で言うなら『神(かみ)ってる』よな」とのコメントを残した。

このコメントが報じられたことをきっかけに、「神ってる」という言葉が、「好調な鈴木やチームを象徴する表現」とのニュアンスでメディアやファンに多用。

同年のシーズン終了後には、2016年新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。
野球関連の言葉から唯一「ノミネート語」(全30語)に選ばれたことによるもので、野球関連の言葉としては、前年(2015年)の「トリプルスリー」に続く受賞であった。なお、12月1日の発表・授賞式には、発言者の緖方に代わって鈴木が出席している。

●表彰
ベストナイン:1回 (外野手部門:2016年)
ゴールデングラブ賞:1回 (外野手部門:2016年)
セ・パ交流戦日本生命賞:1回 (2016年)
オールスターゲーム敢闘選手賞:1回 (2016年第2戦)

●記録
初記録
初出場:2013年9月14日、対読売ジャイアンツ18回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、7回裏に横山竜士の代打で出場
初打席:同上、7回裏に澤村拓一から二塁ゴロ
初安打・初打点:2013年9月16日、対読売ジャイアンツ20回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、4回裏に今村信貴から左前適時打
初先発出場:2013年9月25日、対中日ドラゴンズ22回戦(ナゴヤドーム)、1番・右翼手で先発出場
本塁打:2014年9月25日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、1回表に石川雅規から右越先頭打者初球本塁打
初盗塁:2015年3月31日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、8回表に二盗(投手:ヨスラン・エレラ、捕手:黒羽根利規)